セントラル短資FXあれこれ分析♪

セントラル短資FXのクイックチャート・トレードプラスは、何よりもユーザービリティの高さが良いでしょう。
他にもシステムトレードツールと言うのは、各FX業者より出ていますが、これだけ使いやすいシステムトレードツールは珍しいものです。

具体的な特徴としては、そこまで多くない設定機能が良かったですね。
例えば、初心者用の設定で100種類以上のものが用意・・・となっているシステムもあるのですが、初心者とはここまで出来るものなのかと思うものです。

実際には、すぐにエントリーをしたいので、近似値に近い条件で決済をして、新たに再エントリーをする位が望ましかったのですが、そのようなものはありませんでした。
先ほどの高機能=多種多様・・・と言うものがスタンダードだったようで、しかも重いのが極め付けに酷いと言う状況で使わないといけないのです。
クイックチャート・トレードプラスは、MSを採用して使いやすくされているのですが、それに加えて表示の早さと設定の少なさでユーザビリティを高めています。

クイックチャート・トレードプラスについてですが、チャート機能についても備わっています。
セントラル短資FXは、誰でも簡単に使いこなせるようにシステムトレードを開発しているのが特徴なのですが、基本的に誰であっても感覚的に使えるようにも設計されているのが大きな特徴となっています。

具体的には、クイックチャート・トレードプラスの場合は、左右で画面が違っているのですが、大きな文字でチャートについての説明や設定についての手順や説明がされていますので、非常に使いやすく感じている人は多いようです。
実際に、デイトレードなどの短期売買では、特にクイックチャート・トレードプラスは注目されていますので、個人での人気FX口座比較などの攻略サイトも多いほどです。
そして、何よりもチャート機能まで備わっているので、ダウンロード型取引システムが初めての方でも、チャートを感覚的に見て設定をできるようになるでしょう。
混雑したインターフェイスでないのが、クイックチャート・トレードプラスの魅力です。

Read More

長期投資・短期売買のどちらでもオススメの業者となります

SBI FX TRADEを簡単にまとめると、短期売買であれば他の追随を許さない業者としてオススメができます。

なので、これからデイトレードもやってみようと思っているのであれば、SBI FX TRADEで始めてみてはどうでしょうか。
スプレッドについては最狭です。

具体的には、「ユーロ/日本円で0.59銭、米ドル/日本円で0.1銭」となっていますので、業界最安値として知られている業者でもあります。


何よりも、近年ではDMM FXやGMOクリック証券ばかりが目立っていましたので、短期売買に新しい風が吹き込んできたと言う新鮮な気持ちにもなります。

今まで、いつも同じような業者でトレードをしていたので、新鮮な気持ちで新しくトレードをスタートさせたいと言うのであれば、
SBI FX TRADEを使ってみるのも良いでしょう。

言うまでもありませんが、かなり狭いスプレッドで通貨ペアを組めるようになっていますので、デイトレード、スキャルピング手法には最適となります。

また、低スプレッドの業者の特徴なのですが、基本的にサービスには全く力を入れていません・・・。

なので、情報サービスは少ない(殆どないようなもの)状態になっていますので、個人で今までトレードの情報収集をしてきたトレーダーにしてみると、
必要最低限で構成されているのでオススメどころか最適の業者となりますね。

逆に、初心者としてアドバイスをもらえないと心細いというのであれば、SBI FX TRADEよりも外為オンラインの方がオススメです。

外為オンラインでは、SBI FX TRADEのようにレポート配信と経済指標の2種類くらいしか情報サービスがないような状態でもなく、
セミナーやスタッフサービス、注文の取り扱い、デモトレードの案内などをやっていますし、チャートの利用においても案内をしている業者なので、
長期投資・短期売買のどちらでもオススメの業者となります。
スプレッドも業者の中では最安の部類。

Read More

一定以上の評価があるとして使っても問題ありません

外為オンラインと言うと、短期売買においては業界でもNo.2となっているので、短期売買に集中して力を入れている業者だと思われていますが、
正確には万能型のFX業者です。
なので、外為オンラインでは長期投資においても、一定以上の評価があるとして使っても問題ありません。


また、このような外為オンラインの評判を支えているのは、スプレッドが業界では最狭となっているからで、
こちらについてはスプレッドがどの通貨であっても安いと言う風に理解されておけば問題ありません。



実際に多くのFX業者では、外為オンラインとは違って一部のスプレッドのみ安くすると言う方法をとっているのですが、
外為オンラインではどの通貨ペアにおいても安くなっています。


・・・つまり、スワップポイントがかなり高い外為オンラインであれば、長期投資においてもスワップポイントだけで大きく稼げるチャンスがあるのです。


今では先ほどのスワップポイントを狙ったトレードと言うのが主流になってきているので、
デイトレードなどで取引高が多く長期投資においても外為オンラインが評判なのは頷けるものがあります。


また、スワップポイントだけでなく短期売買においても、スプレッドが最狭の方がお得なのは今では有名ですので、
短期売買では業界でも最高の環境を用意しているとさえ言われているのです。


ただし、スワップポイントでの儲けが高いのですが、スワップポイントでの損失も同じように大きいので、
南アフリカランド/日本円においてはスプレッドが広い点に注意をしないといけなくなるでしょう。


なので、通貨ペアにおいてはいきなり損失を抱え込むものがあると言うのが、そんなメリットの多い外為オンラインのデメリットなのです。


それと、スプレッドが安いのですが情報サービスが良くありません。


コストが安いのは情報サービスの展開を減らしているだけであったりしますので、完全な素人の場合には使いづらいFX業者のように外為オンラインでは思うでしょう。

Read More

こちらについてもデメリットがあまり無いですね

GMOクリック証券ですが、FX業者では珍しくメリットもデメリットも殆どありません。

と言うのも、スプレッドが低く設定されているので、スワップポイントも無難なところ・・・のように思ってしまいますが、
GMOクリック証券のスワップポイントは高水準です。

そして、多くもなく少なくもないようなスワップポイントなので、安全性と言う水準では普通レベルになっているので、急なリスクの発生が殆どありません。


プラスのスワップポイントが多いという場合、儲かるイメージがあるかも知れませんが、それはいきなりマイナスになった場合には、
大損失になりやすいスワップポイントでしかありません。

なので、GMOクリック証券ではなくスワップポイントについて、「盛り込みすぎじゃない?」と言うように感じるほど高く評価されている業者のものについては、
下手に手を出さないようにした方がいいですね。

近年では、南アフリカランドのように一部の通貨ペアだけスプレッドが適正ではなく高かった・・・と言う事もあり、当然ですが、
儲かるものと思って高スワップポイントに手を出してしまうと、いたずらに損失を膨らませるだけとなってしまうのです。

そして、GMOクリック証券では通貨ペアの種類が比較的少ないほうとなっています。

ですが、多くのトレーダーにしてみると余りにも通貨ペアが多くても、サービスにおいては不満が残るような業者も多いので、
GMOクリック証券くらいが丁度良いと言う評価もありますので、こちらについてもデメリットとは言いづらいです。

実際に多数の通貨ペアが用意されていても、せいぜい標準とされている10ほどの通貨ペアしか使ってもらえなかったりしますし、
種類が多いと水増しされているスプレッドもあって危険だったりします。

デイトレードなどでは、そのようなFX業者で手を出しすぎて先ほどのスワップポイントのような失敗になっているものまであります。

Read More

口コミの評価が過去のものではないでしょうか

みんなのFXは、コストパフォーマンスの高さこそが最大のメリットでしょう。

また、レバレッジについては25倍までとなっていますので、多様なトレードに対応している業者の中では、安定感があるFX業者となっています。

また、ネットではコストの安さよりコスト以外が問題としている口コミ(レビュー)などがあったりしますが、口コミの評価が過去のものではないでしょうか。


みんなのFXと言うと、現代でも使いづらいサイトのように言っている口コミがあったりしますが、実際は利用者の満足度の高いサイトです。

このような紛らわしいレビューについては、実際にみんなのFXを使った事がないレビューだけを見て、そのように判断している人の書き込みの可能性があります。

みんなのFXだけでなく、FX業者の口コミでは過去のものを再度口コミに利用する動きが目立っていますので、
悪い評価があった場合には過去のものではないだろうか?と疑うようにしましょう。

今では、みんなのFXをはじめとしてFX業者はサービス精神の高いところが目立ってきています。

なので、サーバーの安定性の為にサーバーを強化したり、レバレッジなどについても今では規制の対象となっていますので、
400倍と言うありえないようなレバレッジについては組めないようになっています。

このような現代では規制となっているものについても、口コミで使われている場合には、その口コミサイトで口コミが書き込まれた年月日を確認してみましょう。

数年前のものが多いかと思いますが、2010年以降ではレバレッジは25倍までと言う規制になっています。

また、手数料が無料なのがみんなのFXの最大のメリットなので、業界最狭のスプレッドを活用してデイトレードがオススメ。

逆に長期投資においては、スプレッドの幅が広くないので短期売買向けとなります。

Read More

そこまで悪くもいえない業者なのが上田ハーローFXなのです

上田ハーローFXと言うと、長期投資が目立っているので余り騒がれませんが、短期売買についてはサーバーの不調が相次ぐなどトラブルが多いのが最大のデメリットでしょう。

ただ、今では信託保全などの対応もあり、長期投資においては一定の評価がありますので、
情報サービスの豊富さ(初心者でもわかりやすいサービス展開)をもって考えると、そこまで悪くもいえない業者なのが上田ハーローFXなのです。

なので、これから上田ハーローFXで取引をしようと考えているのであれば、
サーバーの不調を考えて短期売買には手を出さないようにして取引をすると言うのを頭に入れておいた方がいいでしょう。

ネットでは何故か短期売買についても評価されていますが、現代では全く相手にされていない情報なので、このような情報に惑わされないように注意しましょう。

上田ハーローFXでは、サーバーだけでなく独自システムを使っているのも問題です。

と言うのも、この独自システムについても使いやすさを考慮してあるのでしょうが、実際は初心者では使いにくい内容となっているからで、
自分も約定力が低いので独自システムに関しては全く評価ができません。
取引と言うのは、シンプルに考えればサーバーの安定性と、システムの警戒さのみが必要なのです。

さすがに、サーバーは不安定(数日間でシステムがダウンのトラブルあり)で、且つシステムについても改善されないままだったので、
この2つについては上田ハーローFXのデメリットとなってきます。


また、情報サービスやサポートについては業界でも特に充実させている方ですので、初心者にしてみると長期投資がやりやすい業者なのは確かです。

コストは若干高めとなっていますので、どうしても上田ハーローFXは短資会社系列のFX業者の中では低く見られていたりします。

知名度においても悪いイメージがあると言う点もデメリットでしょう。

Read More

ライブスター証券で問題ないでしょう

ライブスター証券は、安全性の高さであったりスプレッドの狭さで有名です。

なので、短期売買においてはライブスター証券であったり、DMM FXであったり、外為オンラインなどが良く登場しますが、
やはり過去から現代までのサーバーの安全性が大きいのでしょう。
ライブスター証券は知名度こそありません(今ではそうでもないです)。

しかし、設立については昭和23年からなので非常に長い歴史があり、行政処分などの前科も少ないので非常にトレードがしやすい環境を用意しています。

そして、何よりもライブスター証券はトレーダーとのトラブルも少なく、短期売買や長期投資の両方に対応している数少ないFX業者なのです。

FX業者は今では、どちらか一方に特化しているような業者ばかりとなっていますので、
どれだけライブスター証券が重用できるFX業者なのかはわかっていただけるかと思います。

なので、スプレッドが狭く取引の種類が特に多いFX業者を選んでいるのであれば、ライブスター証券で問題ないでしょう。

スプレッドで最安値のものが多く、スキャルピングなどの超短期売買において高い成果をあげたいのであれば、
先ほどのDMM FXがネットでは特に評価されていますので、こちらの業者でFXのトレードをされてみるといいですね。

ライブスター証券は、FX業界では大きな勢力となっているISホールディングスと同じグループなので、
今では昔にあったような知名度の低さについては消えておりますので、安心して参入されるトレーダーも増えています。


不安感の材料となるものは、今ではライブスター証券に殆どないかも知れません。

ただ、外為オンラインと同じような信頼性があるのですが、情報については個人で探してこないといけませんので、その点では他の業者よりも劣ります。

パソコンのOS環境については、Windows・Mac共に利用が可能でモバイルによるトレードにも対応しています。

Read More

マネーパートナーズのサーバーなのです

マネーパートナーズについては、良くネットでは誰も彼もにオススメがされていますが、実際に使ってみると短期売買のみであればオススメができる業者だと感じます。

まず、サーバーがこれでもかと言うほど強固で、約定力の高さと安定性だけであればFX業界では3本の指に入るほどであったりします。

サーバーの特徴ですが、「24時間で監視、安全を重視し多重構造、並列処理がされている」と言う特徴があり、これ以外にも「耐震耐火構造、バックアップ、
遠隔地での保管注文に対応」と言った幅広いサービス・セキュリティに力が入れられているサーバーなのです。

世界ひろしといえど、これだけのサーバーを揃えているFX業者と言うと、やはりマネーパートナーズが最初に思いつくほどです。


また、約定が安定しているとデイトレードで損失になる事は少ないので、玄人のデイトレーダーがマネーパートナーズを使っている確率も高いですね。

サーバーは最高のシステムになっているので、約定力だけでマネーパートナーズを選んでもいいでしょうし、今ではサーバーについても更に改善がされるようになっており、
今では世界レベルのSAXOシステムと同じくらいのサーバーとも評されているのが、マネーパートナーズのサーバーなのです。

低コストで強固なサーバーを用意しているので、まとめとしては短期売買のみであれば完成度の高い業者となります。
但し、長期投資には向きません。

スプレッドが広いと言う面もあり、通貨ペアを組みづらい弱点があるからです。

限定的であれば使えない事もありませんが、最初から通貨ペアを絞って条件に一致するのであればマネーパートナーズを使うと言うのが理想でしょう。

余り長期投資には適していませんので、短期売買のみどちら(デイトレード、スキャルピングのどちら)でも使えるオールマイティ業者と言う評価となります。

Read More